症例一覧

ホーム > 症例一覧 > 自律神経失調症

自律神経失調症

 

《こんな症状でお悩みではありませんか?》

 

・めまい、耳鳴り、立ちくらみがある

・疲れているのになかなか眠れない

・胃の張りや痛み、便秘や下痢に悩まされている

・疲れが取れない

・やる気が起きず、不安な気持ちになることがある

 

それ、自律神経失調症かもしれません。

 

 

 

~自律神経ってなに?~

 

自律神経とは、人間が生きていいくために無意識のうちに心身の機能を調整してくれる神経のことです。

歩くとき、意識をして腕を振ったり足を動かしますよね?

しかし、胃は食べ物が入ってくると自動的に消化をし、腸で栄養を吸収してくれます。

呼吸も、寝ているときでも勝手に行われているし、心臓はどんな時でも脈を打ってくれています。

汗も体温に合わせて分泌をし、運動をすれば心拍数が上がる・・・。

 

これらはすべて、自律神経が働いてくれることで調節していることです。

 

自律神経には2種類あります。

交感神経と副交感神経です。

 

 

①交感神経

 

 活動するときに働く神経です。よく車でたとえられますが、交感神経はアクセルですね。

 運動でドキドキしたり、興奮や緊張時、恐怖や危機を感じているとき、頑張っているときに働いてくれる神経です。

 ストレスを感じやすい人は、必要もないのに交感神経を高ぶらせてしまい、様々な症状の原因となることが多いです。

 

②副交感神経

 

 心や身体を休めるときに働く神経です。車でたとえるなら交感神経とは逆になるので、ブレーキですね。

 睡眠時や休息時など、リラックスしているときに優位になります。

 副交感神経が働かないことで、身体の緊張が抜けず、疲れが回復しないなどの症状が起こりやすくなります。

 

 

~自律神経のバランスが崩れるとどうなるか~

 

 

交感神経と副交感神経は、シーソーのような関係にあるので、どちらかが働いているとき、もう一方の神経は休んでいる状態になります。

現代社会では、ストレス社会と言われるほどストレスが多く、これは交感神経が常に働いていることになります。この状態が長期間続くことは、副交感神経が慢性的に働かなくなり、回復力が低下した状態が続くことになります。

交感神経により身体が緊張をしていれば、筋肉も硬くなるし、血流も悪くなります。

神経も過敏になり、イライラしたり不安になったり、その結果眠れなくなったり…。様々な症状、不定愁訴、疾患が生じてしまいます。

これがいわゆる『自律神経失調症』という状態ですね。

 

 

~ふくおか接骨院の考え方と施術~

 

 

よく交感神経と副交感神経のバランスを整えると良いと言いますが、前述したように現代社会では交感神経が過剰に働いている状態にあるので、まずはこれを何とかして抑えなければいけません。

ということは、副交感神経を優位な状態に持っていくことが第一の目的となります。

身体を究極なリラックスモードにする。これが当院での施術です。

 

では、なぜ身体が過緊張状態になっているのか?

骨格の歪みかもしれないし、内臓自体の硬さがあるのかもしれませんし、頭蓋骨がカチカチになっているかもしれません。

 

それらをすべてクリアにすることで、血液の流れ、脳脊髄液やリンパの流れが改善でき、人間の身体が本来持っている『自己治癒力』を十分に発揮できる状態にすることが期待できます。

 

もちろん、改善には患者さんにも日々の努力をしていただかなければなりません。

が、ただやみくもな状態でやってもあまり意味がないときもあります。

 

当院では、お一人お一人に合ったアドバイスや生活指導をさせていただき、一緒に改善を図りたいと考えています。

 

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • 施術+トレーニングコース
  • よくあるご質問