症例一覧

ホーム > 症例一覧 > 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

~脊柱管狭窄症と病院で言われたあなたへ~

 

 

 

・腰痛、足のシビレがひどい

・歩くと症状がひどくなる

・脚のシビレや痛みで、歩けない

・前かがみになると比較的、楽になる

 

こんな症状であ悩みではありませんか?

そして、もう治らないとあきらめていませんか?

もしかしたら、ふくおか接骨院の施術で改善するかもしれません!

 

 

~脊柱管狭窄症ってどんな病気?~

 

脊柱管狭窄症とは、脊髄神経(後に馬尾神経)の通り道である脊柱管というトンネルが狭くなることで神経が圧迫されることにより起こる症状です。

 

脊柱管狭窄症の場合、椎間板ヘルニアとは逆に、腰をそらせる動作、背筋を伸ばす動作で足や太もも、臀部(お尻)にしびれや痛みが出ると考えられています。

脊柱管は、身体を伸ばす方向にすると狭くなるので、その方向に身体を持っていくと症状が出やすくなります。

また、好発部位は腰部に多く発生します。

 

 

 

~脊柱管狭窄症になる原因~

 

原因は様々です。

先天的に脊柱管そのものが狭い方もおられます。

加齢などから、靭帯や周囲の軟部組織が硬くなり肥厚し、狭くなるケースもあります。

 

が、これらは一番最後の引き金を引いた状態の話で、こうなってしまった『結果』には原因があります。

 

では、それが『加齢によるもの』で終わらせてもいいものなのでしょうか?

 

年齢によるものであれば、二十歳になったら成人式をするように、○○歳になったら全員が脊柱管狭窄症へようこそ!!みたいな形にならなければなりません。

でも当然ですが、実際には違います。

となれば、やはり日頃の生活に問題があり、その問題を抱えたまま年を重ねていった結果が、脊柱管狭窄症を作ってしまったと言えます。

 

しかし、問題と言っても、『え?こんなことが?』ということであるため、知らず知らずのうちに蓄積されてしまうのです。

 

まず大きな原因は、腰周囲の筋肉がガチガチに硬いこと、それに伴い脊柱(背骨)それぞれの正常な動きが見られないこと、その結果、椎間板という軟骨や骨と骨をつなぐ靭帯に過度な負担が掛かること。

この状態が長期間続いてしまった結果が、脊柱管狭窄症を作ってしまうことになります。

 

 

~どんな症状が出るの?~

 

 

間欠性跛行(かんけつせいはこう)

 

少し歩くと痛みやシビレが出始め、少し休憩したり、屈伸運動をしたりすることで症状がまた消えて歩けるようになるという症状。

 

・坐骨神経痛に似た症状

 

腰から臀部(お尻)太ももの裏、ふくらはぎ、足先まで痛みやシビレが出ます。

 

 

・腰を反る動作ができない

 

腰を反ると余計に脊柱管を狭くし、神経を圧迫するストレスがかかるため、身体を伸展させることができません。

歩く姿勢は、腰を軽度伸展させて歩きます。しかし狭窄症の方は、伸ばすと痛い・・・だから間欠性跛行となるわけです。

 

 

・前傾姿勢が楽

 

身体が反れないことの逆ですね。屈曲位では脊柱管が少し広がるので、痛みも和らぎます。

歩行時も買い物カートやシルバーカー、杖をついて前傾姿勢になりながら歩くと歩きやすいです。

が、しかしこれを続けるのはあまり良いとは言えませんが・・・。

 

 

~ひどくなるとこんな症状になります~

 

 

・足の感覚障害

 

足を触れても、その感覚がなかったり鈍くなってきたりという症状です。

神経が圧迫されると、『麻痺』『知覚障害』などが起こるのです。

ただの、神経痛やシビレなどのレベルではありません。

 

・筋力低下

 

足に力が入りにくくなったり、よく足をつまづいてしまったりします。

 

 

~こんな症状は手術適応です~

 

・排尿、排便障害

 

神経が圧迫を受けると、痛みやシビレの症状ではなく、運動障害内臓機能がうまく働かなくなってしまいます。

ごく稀ではありますが、そんな症状の場合は当院で診ることはできないため、病院を紹介いたします。

膀胱、直腸が神経圧迫により異常を起こし、排尿、排便に障害が出てしまいます。

 

 

~ふくおか接骨院の考え方と施術~

 

 

まず、なぜその部位に狭窄が起きてしまったのか?を考えます。

負担が掛かりすぎた結果、発生してしまったのであれば(これがむしろほとんどですが・・・)なぜそこに負担が掛かってしまったのか?

を考える必要があります。

 

その部位が患部にあるとは限りません。

ただ、腰椎付近の筋肉や腱、靭帯が硬いことが直接的な症状を出している引き金にはなっているので、ここを緩めることは必要です。

 

しかし、これだけで改善することはないので、腰だけに負担をかけている原因を見つけ出し、アプローチをしていきます。

 

また、日常生活で注意していただきたいこと、姿勢改善のご指導、エクササイズなどのアドバイスをさせていただきます。

 

※脊柱管狭窄症は他の症状とは違い、若い人よりもどうしても好発年齢は高くなります。

 

そのため、身体の柔軟性が回復するには、

  • ある程度の期間
  • 適した施術を
  • 継続的に

受けていただくことが必要になります。

回復は十分期待できる症状ですので、あきらめずに治していきましょう

 

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • 施術+トレーニングコース
  • よくあるご質問