ブログ

ホーム > ブログ > 脂肪のお話 トランス型脂肪酸

脂肪のお話 トランス型脂肪酸

こんにちは。

名古屋市東区のふくおか接骨院です。

 

今回はトランス型脂肪酸についてのお話でしたね。

さっそくいきましょう。

 

 

トランス型脂肪酸とは?

 

トランス型脂肪酸とは、不飽和脂肪酸にちょいとひと手間加えて(水素分子をくっつける)人工的にイレギュラーに作られた脂質で、代表的な商品は・・・マーガリンやファットスプレッド、ショートニングでございまして、ほぼ全ての菓子パンやスナック菓子、カップ麺やアイスクリームに含まれている脂質でございます。

 

よく『食べるプラスチック』だとか『腐らないから危険だ』と言われますが、実はプラスチックと分子構造が似ているわけでもないし、もともと油って腐るものではなく『酸化』するものであるので、細かく言うと違うのかぁなぁという感じですが、いずれにしてもそれほど身体には良くないよということで理解をしていただければいいかなと思います。

 

 

なぜ、こんな脂質を作ってしまったのでしょうか?

 

当時、バターなど、飽和脂肪酸は美味しいけど身体に悪い・だから植物油を積極的に摂りましょうと推奨されていたんですが、文明の力と言いますか、良いモノをより安く大量に作ろうという研究がされ。
バターより安く身体に良い(と、当時は考えられていた)、そしてバターのような食感と役割を果たしてくれるようなもの『トランス型脂肪酸』を作ったのです。

 

なんせ安く作れることが理由で、ほぼ全ての菓子パンやスナック菓子、ファストフード店のフライドポテトなどには積極的に使われているのが現状です。

 

 

なぜトランス脂肪酸は怖いのか?

①悪玉コレステロール値を上げ、善玉コレステロール値を下げる

今回の件に限らず、よくコレステロール問題は出てきますよね。
コレステロール値バランス問題の何が問題か?っていう根本的なお話しですが、簡単に言うと『代謝が悪くなる』んです。
もっと、簡単に言ったら、身体の機能が色々と低下してしまうってことが問題なんです。
・免疫機能が低下
・新陳代謝の不活性(老けやすい)
・便秘
・疲れやすい
などなど。
怖いですね。。。

 

 

②中性脂肪の増加

そりゃそうですよね、人工で作られた分子が増えるんですから。

 

③一酸化窒素の減少

これになると、高血圧になるそうな。

④炎症が増える

慢性○○痛が治らないっていうやつです。

 

⑤まとめて、心疾患・血管疾患の増加

 

 

良い点。
ありません。

 

これだけのものなのに、日本にはトランス型脂肪酸の規制がないんですね。
他の先進国は結構な感じであるんですが。
その理由として、他の国に比べて平均摂取量が少ないからっていうことが表向きな理由ですが、裏にも何かありそうな感じですよね・・・。

良い点が何もないんで本当はゼロにしたいところではありますが、ゼロはたぶん無理です。
普通に肉や牛乳、バターにも天然型トランス脂肪酸が少量存在するからです。
お菓子もたくさん出なければ食べればいいし、加工食品も仕方ないかなと思います。

仕方がないんだけれどもね・・・というところです。

 

以前お話ししたオメガ6もそうでしたが、限りなく減らしていただきたいってか・・・頑張ってゼロにしてもらいたいなーと思います。

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • 施術+トレーニングコース
  • よくあるご質問