ブログ

ホーム > ブログ > 脂肪のお話 オメガ3

脂肪のお話 オメガ3

こんにちは。

名古屋市東区のふくおか接骨院です。

 

 

今日はオメガ3の細かいところで、魚油・エゴマ・亜麻仁油の個別なお話でしたね。

では早速いきましょう。

 

まず魚油。

 

 

 

文字通り、魚に含まれる脂質で、特に青魚やマグロや鮭には多くのDHA・EPAが含まれています。
DHA・EPAはこの脂質そのものがそれなりの働きをしてくれるもので、抗炎症効果や抗アレルギー作用、脳神経系機能の向上などがあると言われています。
細かく説明って言っても、魚なんで、魚を食べようねっていうことで終わっちゃうんですがね。

 

次、えごま油と亜麻仁油です。

 

 

えごま油は荏胡麻を搾油したもの、亜麻仁油は亜麻という植物の種子を絞って作られた油で、αリノレン酸が多く含まれる脂質でございます。
えごま油と亜麻仁油の脂質素性はほぼ同じですので、どっちを摂ればいいですか?という質問には・・・お好みでお選びくださいと言う回答しかないかなと思います。

んで、このαリノレン酸は身体に入ると、酵素の作用によりEPAに変換されます。
んで、そのまた一部がDHAに変換されることで、身体に様々な働きをしてくれるとう流れになります。
え?じゃあ、結局のところDHAとEPAだけ摂ってりゃいいんじゃないの?と言う意見もあるんですが、まぁ、そうとも言える部分と言えない部分がございまして。

 

まず、そうとも言える部分は、
DHA・EPAに変換されるときに酵素が必要なんですが、その酵素が私たち日本人には不十分なんだそうで・・・。
えごまが良い!亜麻仁油が良い!と言うことで、たくさん摂っていてもそれが身体の中で好作用に使われることは残念ながら半分程度なんだそうです。

 

そうとも言えない部分は、
血液中のDHAレベルの変化はそんなに高くないけれど、脳内のDHAレベルの変化がかなり高いという研究があるそうで。
と言うことは、血液サラサラ効果はそうではなくても、脳神経系機能の向上効果はかなり高いというわけです。

いずれにしても、『積極的に摂っていただきたい脂質』でありますので、良い脂質ということで理解をしていただければ良いかなと思います。

 

とはいえ、注意していただき点も幾つかございます。
・摂りすぎには注意です。必要以上に取る必要はございません。先週もお話ししましたように1日約2g程度までです。

・保管は冷蔵庫、または涼しいところで。
・開封後、2ヶ月程度で使い切る(酸化しやすいため)
・加熱には使わない。

こんな感じです。

少々、小難しいお話になってしまいましたが、次回は『摂らないほうが良い脂質、トランス型脂肪酸』でいきますね。

 

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • 施術+トレーニングコース
  • よくあるご質問