ブログ

ホーム > ブログ > 肩こりにはこんな症状とも関連があります

肩こりにはこんな症状とも関連があります

 

こんにちは。

名古屋市東区、腰痛専門のふくおか接骨院です。

 

身体の不調を感じた時、その症状を引き起こす原因は様々あるのと同様に、肩こりにもいろいろな原因が関与していると考えられます。

 

また、肩こりの症状に加え、頭痛・めまい・眼精疲労・倦怠感・腕のだるさ・手足のシビレや冷たさなどいろいろな症状がプラスされて現れることも多くあります。

その理由は、自律神経のバランスが崩れ、崩れ、機能が働きにくくなるからです。

 

それでは、一つ一つの症状と関係を解説していきましょう。

 

 

 

~肩こりと頭痛の関係~

 

『肩こりがひどくなると、頭痛がする』と悩んでいる人は、多いかと思います。

肩が凝ると、首から肩甲骨周辺、背部の筋肉が過緊張となります。これからの筋肉は後頭部に付着部に痛みを訴えるようになります。

『緊張型頭痛』と呼ばれる頭痛がこれに当たります。症状は頭を締め付けられるような続発的に発症し、後頭部から首にかけて多くは両側に起こります。

 

理由や症状としては、次のようなことがあります。

 

・日頃あまり運動しない

・ディスクワークやパソコン業務が多い。

・こん詰め仕事が多い

・眼精疲労がひどく、何もしていないのに疲れる

・軽い運動、入浴などで頭痛が楽になる

・一日中、ダラダラと頭痛が続く

・頭がパンパンに張ったような感じになる

・頭を締め付けられるような感じ

 

①姿勢の見直し

 

常日頃から姿勢に注意し、筋肉への負担を軽減させましょう。長時間の同じ姿勢や無理な姿勢を長時間取らないことも大切です。ジーっとパソコン画面を見ることは、眼精疲労にもなりますので、適度に休憩を取ったり、時々姿勢を動かすことも重要です。

 

②ほぐす

 

肉体的ストレスや精神的ストレスが加わり、血流が悪くなり、筋肉は凝り固まった状態になります。

お風呂に入り温めること、目が疲れてしまった場合は蒸しタオルを目に当てるなどして、血行を促進することも効果的と言えるでしょう。

 

③リラックスできる余裕を持つ

 

ストレスを受けることで緊張が増し、肩こりや頭痛は悪化します。ストレスをためないこと、ストレスをコントロールすることが一番大切ですが、溜まっているストレスを『リラックス』して対応できることが望ましいです。

仕事中でも、身体が緊張してきたと感じたら、少し休んでゆっくりすることも大切です。

 

④適度に運動する

 

生活の中に、適度な運動を取り入れることもストレスの解消になります。身体を動かし汗をかくことで、筋肉は緩み、有酸素運動をすることで、血流も良くなり、肩こりや緊張性頭痛の予防にもなります。

 

 

~肩こりとめまいの関係~

 

 

めまいの原因は肩こりとは別に、内科的疾患がある場合もありますが、ここではそのような内科的疾患がない場合によるめまいの症状を解説していきます。

 

肩こりによるめまいの特徴として、天井がぐるぐる回ってしまうという回転性のめまいというよりは、『動き』があるときに発症することが特徴です。(動揺性めまい)

無意識に首の位置が変わった時や、歩行中、地に足がついていない感じであったり、まっすぐ歩けないといった感じです。

 

肩こりからくるめまいの原因は

①筋肉の緊張 ②交換神経の緊張 ③血流障害があります。

 

①筋肉の緊張

 

首周りの筋肉の緊張があると、めまいだけでなく、緊張性頭痛も起こります。

後頭部や側頭部、首にかけての痛みがあり、目の奥まで緊張が影響することで、目の疲れやめまいが起きることがあります。

 

②交感神経の緊張

 

交感神経の緊張は言い換えれば、自律神経の乱れです。

自律神経の乱れは、日常生活の精神的・身体的ストレスも大きく影響し、首周囲のコリが自律神経の乱れを引き起こし、めまいの症状を起こすことがあります。

 

③血流障害

 

頸椎の中には脳に血液を送る椎骨動脈が走っています。

この動脈が肩こりによく筋肉のコリで圧迫されることで、脳の一部に血流障害が起こります。この圧迫があると、首を動かすことでめまいを起こしやすくなります。

 

 

 

~肩こりと眼精疲労~

 

 

長時間のパソコン業務や、細かい作業を続けることで、目の周りの筋肉が硬くなります。

硬くなり血行不良になることで、眼精疲労となり首の後ろも緊張を起こしてきます。

 

 

~肩こりと倦怠感~

 

 

肩こりがあるということは、身体全体の筋肉やその他の軟部組織にも強い緊張があることがほとんどです。

身体がこだわっていれば疲れも取れにくく、全身の倦怠感も起こりやすくなってしまいます。

 

 

~肩こりと腕のだるさ・手のシビレや冷たさ~

 

肩こりでは肩周囲の筋肉だけでなく、首周囲や鎖骨周辺、胸筋などの筋緊張も強くみられます。それらの筋肉の中・もしくは隙間を縫うように、腕・手を支配する神経や血管が走っています。

筋の緊張により、それらの神経や血管が圧迫されたり、リンパの流れが悪くなることで、だるさやシビレ冷感などが生じたりします。

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • 施術+トレーニングコース
  • よくあるご質問