ブログ

ホーム > ブログ > 肩こりの原因 それは、姿勢の悪さにあった!

肩こりの原因 それは、姿勢の悪さにあった!

 

こんにちは。

名古屋市東区、腰痛専門のふくおか接骨院です。

 

一般的に肩こりは、肩周辺・首周辺の筋肉の硬縮による、血行不良が原因と言われていますが、では、なぜ血行不良となるのでしょうか?

 

 

生活習慣の中で、普段から何気なくとっている姿勢や座っている姿勢が猫背になってしまう人や、どちらかの足に体重を乗せ続けている姿勢を取っている人、座っているときに足を組む癖のある人は要注意です。

 

人間の背骨は横から見た時に、首は少し前にカーブ、そして背中は少し後ろにカーブ、腰は再び前にカーブ、そして土台となる骨盤はほんの少し前傾している状態が理想です。

 

しかし、骨盤の前傾が大きすぎては反り腰になってしまうし、後ろに倒れすぎても猫背になってしまいます。

そしてこの骨盤から背骨のバランスの上に、頭が乗っていることが理想です。

 

人間は無意識のうちに頭を身体の中心に持っていこうという力が働きます。姿勢の悪い状態でコレをやろうとすると、無理矢理に筋肉を使って頭を支えようとします。

特に頭から近い首周りは頑張って支えようとするわけです。

この状態が長時間続けば、筋肉は疲労してしまい、硬くなり、その結果、血行不良を起こすことになります。

 

 

~背もたれによりかかった姿勢で座る~

 

スマホを見たり、本を読んだり、パソコン業務やディスクワークの時、どんな姿勢を取っているでしょうか?

椅子に浅く座り、背もたれにダラッともたれかかっていませんか?

 

こんな座り方です。

 

 

この座り方は一見楽に見えますが、骨盤が後傾してしまうことで腰椎がまっすぐにもしくは、後ろにカーブになってしまう状態となります。

当然、腰にも良くない姿勢ですし、頭が首に対して前に行ってしまうので、首周囲の筋肉は疲労し硬くなります。

 

 

~足を組んで座る~

 

 

 

電車の中、カフェ、食事中・・・、足を組んで座っている人は多いかと思います。

そのほとんどの人は無意識に組んでしまっていて、その状態が『楽』な状態なんですよね…。

しかし、足を組んでしまうことが悪いわけではないのです。←これは後で解説します。

 

足を組んだ姿勢は身体にどのような影響が出てしまうのでしょうか?

右を上に組んで座ったとします。

右の股関節は屈曲しますので、右の骨盤は後に倒れようとします。すると、右側の骨盤に不安定さが出てしまうので、体重を左側に引っ張られながら右に傾いてしまい、右に回旋してしまいます。

また、後傾した骨盤につられて、背中は丸くなり肩こりにもなりやすい姿勢の出来上がりとなるわけです。

 

 

~スマホ首~

 

 

 

下を向いたままの姿勢を長時間続けていると、首の付け根に付着している僧帽筋の上部が緊張します。

すると、頚椎の前弯カーブがなくなり(ストレートネック)、椎間板に異常な圧がかかることで、頚椎ヘルニアを起こしてしまうこともあります。

 

 

 

~姿勢を改善するには何をすれば良いのか?~

 

 

正しい姿勢とは、真正面から見た時、膝は正面を向き、骨盤・肩・左右の耳の高さが水平になっている姿勢です。

これは、立位の時だけでなく、椅子に座っているときも同様の姿勢を維持することが理想ですが、この姿勢を維持するためには、筋肉が必要になってきます。

姿勢を支える筋肉・体幹の筋肉・インナーマッスルの筋力が低下している人、身体に歪みがある人は正しい姿勢を維持しようとすると、2~3分で疲れてしまいます。

 

まず、それらの筋肉を使える筋肉に戻し、そして鍛えることが大切です。

 

先ほど、『足を組むこと自体が悪いわけではありません』と言いましたが、今のあなたの状態は、足を組むことで楽な姿勢に逃げているわけです。

 

と言うことは、足を組まなければいけない身体になってしまっていることが悪いわけです。

 

それを組まないような身体に戻してあげればいいのですね。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

 

➀凝り固まっている筋肉をほぐし、使える状態にする。

 

姿勢が悪くなってしまう原因の一つに、『骨盤の後傾』があります。

骨盤の後傾が続くと、骨盤上部の筋肉が硬くなりますので、まずはその筋肉をほぐします。

 

・仰向けに寝て、両ひざを立てます。

 

 

   

 

・右足を左足の上に乗せ、右側に倒します。

 

・肩が床から離れないよう注意します。

 

 

 

 

・うつ伏せで寝ます。

 

  

・両手を肩の位置に置き、ゆっくりと肘を伸ばします。きつい方は肘を付けたままでも構いません。

・腹筋のストレッチ&背中をそらすストレッチです。 

 

 

・腰を反り過ぎない、おへそを床から離さないことがポイントです。

 

 

 

②鍛える

 

筋肉には関節を支える筋肉と、、関節を動かす筋肉があり、姿勢を改善させるには、『関節を支える筋肉』を鍛える必要があります。

いわゆる『体幹トレーニング』と言われるもので、器具や道具を使ったり、ジムに通ったりする必要のない『自重トテーニング』です。

自重トレーニングには

・体力に自信のない女性や、普段あまり身体を動かさないスポーツ初心者の方でも気軽に始められる

・場所をとることもなく、道具を使わないため自宅でもトレーニングできる

・簡単な動作で覚えやすいので、毎日できる。

 

種類はたくさんあるので、ここではだれでもできる、続けられるトレーニングをご紹介したいと思います。

 

 

・プランク

 

身体を板のようにまっすぐ伸ばしながら維持することで、腹筋を中心に体幹そのものが鍛えられるトレーニング。

手をグ―に握り、肩を引き込むとより効果的です。

お尻を締めることで、さらに身体・腹筋に負荷を掛けられます。

 

 

これは、ダメな例です。

お尻を上げすぎては、効き目が半減しますので、上げすぎないように注意してください。

 

 

 

・横向きプランク

 

 

プランクの姿勢から、右腕を上げ、横を向く。

 

左側も同じように行う。

 

 

 

・ブリッジ

 

仰向けに寝て、両ひざを立てる。

かかとで床を押しながら、肩から膝までが一直線になるよう腰を持ち上げる。

腰を持ち上げるとき、お知りをギュッと締めるとより効果的です。

 

・四つ這いの姿勢から、右手と左足を伸ばす。

 

  

この姿勢をキープします。

この時、より遠くに伸ばすことを心掛けましょう。

 

  

左右入れ替えて同じように行う。

 

更にこの状態から、伸ばしている側の肘と膝を引き付ける。

 

これも、左右入れ替えて行う。

 

 

 

・四つ這いの状態から、膝を曲げたまま股関節から右足を上げる。

 

 

   

左も同様に行う。

 

 

④鍛えた後にしっかりとストレッチをする

 

鍛えた後は、しっかりストレッチをしましょう。

 

 

 

 

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • 施術+トレーニングコース
  • よくあるご質問