ブログ

ホーム > ブログ > 冷えからくる身体の不調と対策

冷えからくる身体の不調と対策

こんにちは。

名古屋市東区、腰痛・肩こり専門のふくおか接骨院です。

 

女性の約7割、男性でも約4割の人が冷え性だと感じ、冬だけでなく夏にも冷えを感じる人も増えてきています。

また、冷えを軽く見ていたり、対策もせず放置していくことで、重大な病気を招いてしまうことことにもなります。しっかりと原因を突き止め、改善・対策をしていきましょう。

 

 

~低体温が万病を招く理由~

 

 

 

約50年前の大人の平均体温は約36.5度、子供の体温は37.0度とされていました。

しかし、現在の平均体温は高い人で36.2~3度、ほとんどの人が35度台と言われており、人類の平均体温とされる36.5度以上ある人は、1割程度というデータもあるそうです。

 

体温が1℃下がると、免疫力は30%減衰し、逆に平熱より1度上昇すると、免疫力は5~6倍にもなることが分かっています。体温が低くなると血管が収縮し、血行が悪くなって血圧が上昇傾向になります。また、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症や胆石、尿路結石など『からまり』を作る病気も発症しやすくなります。水を冷やすと氷になるように、すべての物体は冷やすと硬くなるのです。

 

更に体温の低下は、血液内の糖分や脂肪などのエネルギー源の燃焼、尿酸やピルビン酸などの老廃物の燃焼と排泄を妨げ高血糖や高脂血症、高尿酸血症(痛風)などが起こしやすくなります。

 

うつ病や神経症などの精神疾患を患っている人たちの多くは、気温と体温が低い午前中は調子が悪く、気温と体温が上昇してくる午後になると調子が出てくる傾向にあるようです。

また、うつ病は気温が低く日照量も少ない11月~3月の寒い時期に多発すると言われています。

 

 

~体温低下になる理由~

 

①運動不足

 

人間の体温産生の40%以上は筋肉が担っています。

しかし、現代社会では交通機関の発達、車や電化製品の普及により、身体を動かす・筋肉を使うということが少なくなりました。

歩かない・動かない・物を持たない・運ばない・力を入れなくてよい・・・つまり、日常生活の中で筋肉をほとんど使わない生活を送っているのです。

 

 

②食べすぎ

 

日本人の食生活は50年前と比べると大きく変化してきました。米やイモ類の摂取は激減し、肉・卵・牛乳・バター・マヨネーズに代表される高カロリーの欧米食の摂取が激増しています。

白米や白パン、ケーキなど精製された白い食品には食物繊維が含まれておらず、柔らかくて食べやすいことから、ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。食べ過ぎると、食べ物を消化するために血液は胃腸に集まり、高産生臓器の筋肉や肝臓・脳へ流れる血液が少なくなり、そこでの代謝(活動)が落ち、体温が低下するのです。

 

メタボリックシンドロームも、『食べ過ぎ』という一面とその結果起きる体温低下による脂肪や糖分の燃焼低下による病気と考えられるでしょう。

 

 

③身体を冷やす食べ物の摂りすぎ

 

 

 

東洋医学の考え方の一つに、食べると体を温める食べ物・逆に冷やす食べ物が存在するという概念があります。

トマト・スイカ・きゅうり・ビールは身体を冷やすからこそ、夏に飲食するとおいしいのであり、寒い冬はネギ・卵・肉・醤油など身体を温める食べ物ですき焼きを作って食べるとよりおいしく感じると言われています。

食生活の変化とともに、身体を冷やす食べ物(陰性食品)を多く摂りすぎていると言われています。

代表的な食品は・・・牛乳・うどん・白米・白ワイン・ビール・白砂糖・洋菓子・白(脂)身の肉などです。

 

 

④ストレスでいっぱいの現代社会

 

心身に負担(ストレス)が掛かると、それに対抗するために副腎からアドレナリンやコルチゾールというホルモンが分泌し、ストレスに対抗しようとします。その作用により血管が収縮して血圧が上がります。

血管が収縮し血圧が上昇することで、一時的に体温も上がり力も出ますが、長く続くことで血管が細くなってしまい、全身の細胞への血液供給が不足して代謝が落ち、やがて体温も低下してしまいます。

1℃体温が低下すると30%免疫力が減衰するとともに、自分の意思とは関係なく働いている『自律神経』にも多大な影響を及ぼします。

 

⑤化学薬品・化学調味料・食品添加物の摂取

 

 

 

普通、医院・病院などで処方される化学薬品は、ごく一部を除き身体を冷やす作用があります。中でも解熱・鎮痛剤・ステロイドホルモン剤・抗がん剤はその作用が強いです。食品添加物、保存料、食べ物の中の残留農薬などの化学物質なども身体を冷やします。

もともと自然界には存在しない物なので、体内に取り入れられると身体にとってはストレスとなり、交感神経が緊張して血管が収縮し血流が悪くなって身体を冷やすのです。

 

 

⑥シャワーで済ませる入浴習慣

 

最近は湯船に浸からずシャワーだけで済ませる入浴習慣が当たり前になっているようです。シャワー入浴では身体の汚れは落とすことはできますが、身体の芯から温める効果をはじめとする様々な恩恵にあずかることはできません。

 

 

⑦夏のクーラー

 

日本の夏は暑いです。特にここ最近は温暖化の影響もあり、暑さが増しています。

夏の身体は基礎代謝を下げて体温産生を抑制し、体表の血管を拡張して体熱の発散をしやすくし、体温を下げるように暑さに適応してきました。

しかし、現代のオフィスの中・電車やタクシーなどの乗り物・スーパーやコンビニの中は異常なほど冷房を効かせており身体を冷やしてしまいます。にもかかわらず、ビールや冷たい飲み物や食べ物を口にすることが多く、常に体が冷えている状態と言えるでしょう。

冬より夏の方が冷えによる症状(こり、痛み、下痢、夏風邪、生理痛、生理不順)を訴える人が多く『冷え』を一年中引きずっている人もたくさんいらっしゃいます。

 

 

~見逃すと怖い・・・これが冷えのサインです~

 

自分自身で冷え性と自覚している人はもちろん、そうゆう自覚のない人、または『暑がり』と思っている人の中にも実際には冷えがある人が多いのです。

『汗かき』は冷え性のサインと言えます。『少し動くだけでも汗をかく』『食事をすると汗をかく』人は、体内に水分が多いことを示し、『冷え性』と判断できます。

 

・汗が多い ・冷たいが風に当たると涙が出る ・くしゃみ鼻水が多い ・唾液が多い ・吐き気、嘔吐をする ・下腹部がポッコリしている ・むくみ(大根足、下半身デブ) ・下痢 ・舌縁に歯形が付いている ・舌がポテッとして大きい

などの症状がある人は『冷え性予備軍』もしくは『冷え性のサイン』と言えます。

 

そして何より、1日の平均体温を示す午前10時の体温が36.5度未満の人は冷え性と考えてよいでしょう。冷えは様々な症状や病気の悪化の原因となります。

冷えると痛みが増す。

胃腸炎がひどくなる。

アレルギー症状が出る。

えるめまいや、耳鳴りも耳の内側にあるカタツムリ管の中に存在するリンパ液の増加に伴って起こる症状ですので、身体が冷えるとめまいや耳鳴りが悪化します。

 

その他、緑内障・ヘルペス(帯状疱疹)・不整脈や高血圧・うつなど精神疾患の病気が悪化すると言われています。

 

 

~冷え性への対策・身体を温める方法~

 

 

①入浴

 

 

一番簡単で手っ取り早い方法です。入浴には様々な効果があり、シャワーのみで済ませることとは健康的に大きな差が生じます。

入浴により血管拡張作用で、血行が促進されます。それに伴い、各細胞組織への栄養供給が増え、老廃物の排泄作用も促されます。

お湯の温度はご自身の体調により『心地良い』と感じる温度に設定すると良いでしょう。

 

 

②半身浴

 

呼吸器系や心臓疾患のある人は全身良くより半身浴の方が良いでしょう。みぞおちよりも下の部分を集中的に温め、腎臓を含めた腰から下の血流を良くします。

その結果、排尿を増やし水毒を取って下肢・腰の痛みや下半身のむくみを解消してくれます。30分以上行うと、びっくりするほど汗をかくでしょう。

 

 

③手浴・足浴

 

 

 

やや熱めのお湯を洗面器に入れ、くるぶしから下、手首から先を10~15分ほど、湯の中に入れて温めます。

手浴→足浴の順で温冷浴をやるとさらに血行が良くなり運動をしているのと同じ効果があります。

 

 

④衣服の着方を工夫する

 

衣服と衣服の間に空気の層ができると、保温効果を上げてくれます。首の後ろ・脇の下・背中の下部に産熱能力の強い褐色脂肪細胞が存在しているため、マフラー・ショール・ベストなどを着用することで温かさを維持できるのです。

 

また、腹巻きも絶大な効果があります。お腹には胃腸や肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・子宮、卵巣などの重要な臓器が存在しています。温めることで胃腸の働きがよくなったり、リンパ球の働きが活発となり免疫力も向上し病気にかかりにくくなります。

夏のクーラー対策として、冬だけでなく夏にも着用すると良いでしょう。

 

 

⑤筋トレ

 

 

筋肉は男性の体重の45%、女性の体重の36%を占めると言われており、体温の40%以上の体熱を産生する筋肉をトレーニングすることは効果絶大です。

筋肉を動かしトレーニングすることで、筋肉がポンプ作用をしてくれ血管に刺激が加わります。その結果、心臓の働きを助けてくれ、血圧も下げてくれます。

また、筋肉内の存在する細胞が血液中の糖分を筋肉内細胞に取り込んでくれることで、血糖値が下がり糖尿病の予防、治療にもなります。

さらに、筋肉内での男性ホルモン(女性にもあります)の産生分泌が増し、自信が付くことで『うつ』の改善も期待できます。

 

 

~自宅でできる冷え性に効果的な運動~

 

①スクワット運動

 

     

 

両足を肩幅に広げ、両手を90度前に伸ばした状態で、お尻を後ろに突き出すようにしながら膝を90度まで曲げていきます。

この時、膝がつま先よりも前に出ないように注意してください。

ゆっくりカウントし、10回×3セット行いましょう。

 

②もも上げ運動

 

両足を肩幅に広げ、その場でももを引き上げるだけのトレーニングです。

まずは10回×3セットから始めていき、徐々に回数を増やしていきましょう。

 

 

③カーフレイズ運動

 

 

ふくらはぎの運動です。両足を肩幅に広げかかとを上げ下げするだけです。

まずは5回×3セットから始め徐々に回数を増やしていきましょう。

 

 

④腹筋運動

 

 

仰向けの状態で、股関節90度、膝関節90度、足首90度にします。

その状態で床ギリギリのとこまで足を下ろしていき、ゆっくり元のポジションに戻ります。

ポイントは、床に足を付けないこと、ゆっくりおろしてゆっくり最初のポジションに戻すことです。

10回×3セットから始めましょう。慣れてきたら膝に柔らかいボール、もしくはクッションをはさんだ状態で行います。腹筋とともに鍛えにくい内転近群も効果的に鍛えられます。

 

 

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • 施術+トレーニングコース
  • よくあるご質問