頭蓋仙骨療法

ホーム > 頭蓋仙骨療法

頭蓋骨仙骨療法とは?

頭蓋骨仙骨療法とは

クラニオセイクラル・オステオパシー(CST)と呼ばれています。

頭蓋仙骨システムとは、人間をはじめとする脳と脊髄機能を持つ動物に存在する生理学的システムのことで、この機能システムは胎内に宿るときから形成され、死ぬ瞬間まで続きます。

頭蓋仙骨療法は、患者さん自身が備え持つ生理的な自然治癒力を利用しながら行う、オステオパシーの技法の1つです。

軽く患者さんの頭に触れ、頭蓋骨が持つ自然な動きを誘導していきながら、本来持ち備える水圧機能・脳脊髄液の循環の補助をしていきます。

身体の中には、一般的な呼吸とは全く違う「一次性呼吸システム」と呼ばれるリズムがあり、これは肺呼吸などのベースになっている身体の生理的なリズムと言われています。

この一次性呼吸システムは、運動中や就寝中と言った要因に関係なく、全身の体液を循環させたり、組織の膨張・収縮という律動的で一定なリズムで動き続けているのです。

一次性呼吸システムが妨害を受ける理由

常に一定のリズムで動いていることが理想の一次性呼吸システムですが、様々な理由で妨害を受けることがあります。

頭蓋骨仙骨療法とは

出生外傷

胎児は産道を通る際に、圧縮されて誕生します。

そして産声をきっかけに、小さく縮んだ姿勢が緩み全身の骨格がリセットされます。

この最初の産声(呼吸)が完全に行われないと、自力で頭蓋骨を広げることができず、人生のスタートから頭蓋のリズムが狂ってしまうと言われています。

身体的外傷

身体的外傷

転倒や高いところからの落下により、頭を強打することで、一次性呼吸システムが妨害されます。

心理的外傷

心理的外傷

特に、幼児のころに受けた心の傷、愛する人の死、親の離婚など、なんであれ悲観に暮れるような状態によって、一次性呼吸システムが障害されてしまいます。

また、過度のストレスは一時呼吸のリズムを減衰させてしまいます。

脳脊髄液とは?

脳・脊髄のクモ膜、軟膜間や脳室内を満たしている無色透明の液体です。

脳室で生成されて循環し、脳や脊髄の保護、栄養補給などの働きがあります。

<脳脊髄液の役割>

脳脊髄液は一日に450ml生産されますが、一日に3回ほど入れ替わっており、次のような働きがあります。

  • ・神経系を循環し、栄養・新陳代謝を繰り返しています。
  • ・老廃物を心臓に送り返し、脳圧をコントロールします。
  • ・脳と脊髄を衝撃から守ります。

どんな時、どんな人が受けるの?

どんな人が受けるの

頭痛に悩んでいる

イライラすることが多い

生理不順

顔のむくみが気になる

肩凝りがひどい・目の疲れがひどい

手足のシビレ

心が不安定で安定しない

仕事や勉強に集中できない

疲労困憊から抜けられない

などなど、病院に行っても「特に異常ありません、ストレスですね。」と言われ、様子を見ましょうと言われる症状の方々へおすすめです。

その効果は様々です。

  • ・免疫力がUPすることで、病気になりにくくなります。
  • ・ホルモンバランスが整うことで、女性ならではの様々な症状の改善が期待できます。
  • ・自律神経が整うことで、めまい、不眠、耳鳴りなど、原因不明とされる不定愁訴の改善が期待できます。
  • ・身体の過緊張からくる頭痛、だるさ、身体のむくみなどの改善が期待できます。

などなど、病院の検査では異常なしと言われたが、このような様々な症状でお悩みの方には効果が期待できます。

頭蓋仙骨療法を体験された方々は…

なんだかよく分からないけれど、気持ちがいい。

頭の重みがスーッと抜けた気がする。

目がぱっちりした。

首と頭の付け根の痛みが、軽くなった気がする。

やられている最中は、寝ちゃうくらい気持ちがいい。

頭を触られているのに、お腹の張りが楽になった。

このような、感想をいただいております。

しかし、やってはいけない方もいます。

炎症を伴っているであろう頭痛(例えば髄膜炎)。

頭に開いたキズがある方。

心臓発作、脳卒中(急性期)。

安定期に入っていない妊娠中の方(安定期以降の方にはおすすめです)。

その他、新鮮な外傷がある方。

小顔になれますか?

結論から申し上げますと、残念ながら小顔効果は期待できません。

「頭蓋骨を矯正することにより、小顔効果も見られます!!」なーんて言っているサロンやリラクゼーションのホームページをご覧になったことがある方もいるかと思います。

または、「人間の頭蓋骨はたくさんの骨から成り立っており、一つ一つが縫合されていますが、加齢とともにその縫合にわずかな隙間ができてしまい、顔が大きくなってしまったり、顔が歪んだりしてきます。」などなど。

まず、人間の頭蓋骨は確かにたくさんの骨からできていて、その繋ぎ目は縫合線と呼ばれています。

しかし、この縫合線はガッチリと噛み合っているため、隙間なんてものはありません。

よって、加齢により骨と骨に隙間ができ、顔が大きくなる・顔が歪むことは当然ありません。

小顔になれますか?

生まれたての赤ちゃんは部分的に隙間がありますが、通常生後18ヶ月くらいで完全に閉鎖してしまいますので、大人の私たちの頭蓋骨の隙間が広がり、それを矯正することで小顔になるということは、絶対にありません。

フォローするのであれば、頭蓋仙骨療法を正しく行うことで、「顔のむくみが解消され、すっきり小さく見える」ことはあるかと思います。

いずれにしても頭蓋骨は非常にデリケートな部分ですので、正しい知識と確かな技術を持った術者に施術をしていただくことをおすすめいたします。

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • 交通事故治療
  • よくあるご質問
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • お身体の知恵袋