症例一覧

ホーム > 症例一覧 > 骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみ

よく『骨盤が歪んでいる』とか、『骨盤が歪んでいると太りやすい』などと言われています。

腰痛の原因になったり、肩こりの原因になったりと様々な症状に影響を与えると考えられている骨盤のお話です。

 

まず、骨盤の位置。

 

ご存じのとおり、骨盤は腰・お尻の部分にあり、上半身と下半身のつなぎ目的役割を担っています。

一つの大きな骨ではなく、腸骨・坐骨・恥骨・尾骨・仙骨で構成されており、それぞれにほんの少しだけ動く関節が設けられています。

 

その中でも一番重要な関節が、腸骨と仙骨で構成される『仙腸関節』です。

ここのぐらつきが出てくると、腰痛を引き起こしたり、肩こりを引き起こしたり…。

 

骨盤は身体の土台となっているため、この土台が歪んだまま痛い部分をマッサージしたりテーピングをしたりしても、一時的には良くなっても、本格的な原因が排除されていないのです。

 

骨盤の歪みが出てくると…。

 

腰痛を引き起こすことはもちろんですが、前述したように身体の土台になっているため、何とかバランスを保とうと、背中・首までもが歪んできます(正確には『歪む』のではなく、関節の動きが悪くなるのです)。

 

ということは首の痛み、背中の痛み、慢性疲労などを引き起こしてしまいます。

もっと言えば、内臓の機能を低下させることもあるので、消化不良・身体のむくみ・ひどい生理痛・冷えなども伴うこともあります。

 

では、なぜ骨盤が歪んでくるのか?

いろいろな原因が考えられます。

 

【1】 日常生活の『姿勢の悪さ』

骨盤と背骨(脊椎)はつながっているため、姿勢が悪いことで骨盤も歪んできます。

 

【2】 出産(普通分娩)

出産時、骨盤は思いっきり広がります。骨盤にある関節に走っている靭帯たちは過剰に伸ばされてしまいます。

これらをもとに戻すには、『骨盤バンド』でしっかり締めるほか、方法はありません。理想は、3~6カ月です。

 

【3】 イスに座るとき、足を組んでしまう。

 

【4】 荷物を持つ時、片方の手や肩にかけて持つ癖がある。

 

などなど、代表的なものはこんなカンジです。

骨盤を正しくすることで、どんな効果があるのか?

 

腰痛、肩こりなどの予防になります。100%治る!!とは言えませんが、かなりの予防効果はあると思います。

また、ダイエット効果もあると考えています。

何回も述べていますが、骨盤が身体の土台になっているため、骨盤を正しく調整することで姿勢が良くなります。

姿勢が良くなれば、血行促進・老廃物の排出による身体の引き締め効果がでてきます。

また、骨盤の周りには、身体の中でも大きな筋肉が付着しているため、それらの筋肉を上手に使うことにより、

代謝が上がり消費カロリーも増えます。

 

ダイエットはただ単に体重を減らすだけが目的ではなく、引き締まった見た目も大事だと思います。

 

骨盤を正しい位置に整え、日常の何気ない散歩やお買い物時でも、上手に腰・骨盤周りの筋肉を使うことで運動効果を高められるよう、骨盤の調節をおすすめいたします。

骨盤のゆがみ

  • 症例一覧
  • 交通事故治療
  • よくあるご質問