ブログ

ホーム > ブログ > 腰痛の原因 疲労の蓄積 ぎっくり腰 椎間板ヘルニア 

腰痛の原因 疲労の蓄積 ぎっくり腰 椎間板ヘルニア 

こんにちは。

名古屋市東区、腰痛治療専門のふくおか接骨院です。

 

 

本当に毎日毎日、暑いですね。

テレビやインターネットニュースでも散々言われていますが、水分補給をこまめに行い、クーラーを上手に使用しながら過ごすようにしてください。

 

さて、今回は腰痛の原因のいろいろについてです。

 

 

 

~腰痛のほとんどは原因が不明と言われている~

 

 

腰痛は、原因のはっきりしないものがほとんどで、『腰痛』で病院に行ったけれども、原因が特定されないケースは実に85%にも上ると言われています。

このような、腰痛を一般的に『腰痛症』と呼ばれています。

そして、この『腰痛症』の原因のほとんどが、『筋肉の疲労』からきているのです。

 

 

~筋肉疲労がたまる原因は?~

 

 

筋肉疲労には、肉体的疲労と精神的疲労があります。

 

『肉体的疲労』とは、激しいスポーツ、長時間の立ち仕事や運転、ディスクワーク、育児や家事など同じ動作を繰り返し行うことにより、筋肉が疲労してしまうことです。

筋肉そのものが疲れてしまう、疲労が蓄積される原因は、『乳酸説』『痛み物質説』など諸説あります。

 

『精神的疲労』とは、文字通り、精神的ストレスから起こる疲労です。仕事の悩み、職場での人間関係、家庭やプライベートの問題などで悩みを抱えていると、自律神経が乱れて血液の流れが悪くなってしまいます。

 

そのため・・・

・倦怠感や疲労感

・胃腸、消化器系の不調

・首、肩、肩甲骨周辺の筋肉にコリや疲労を感じる

 

精神的ストレスは、身体に大きな影響を与えます。

慢性化してしまうと、腰痛だけでなくほかの病気を招くことにもなるので要注意です。

 

 

~なぜ、立ち仕事やディスクワークで腰痛になるのか~

 

 

 

長時間の同じ姿勢や座りっぱなしのディスクワーク、睡眠不足や運動不足がもとになっている腰痛は、原因が特定されにくく、病院ではなかなか診断することが難しくなってしまいます。

 

もともと人間の身体は長時間座っている状態をキープするには不向きな構造をしており、座っているだけ・立っているだけでも、その姿勢を維持させようと体幹の筋肉(インナーマッスル)が収縮し続けているのです。

 

特に筋肉は『筋肉の繊維の長さが同じ長さのままで働き続ける』ことに弱く、一番疲労がたまりやすい働き方が姿勢の維持なのです。

 

筋肉が収縮し続けている状態が長時間続けば、当然疲労は蓄積され筋肉そのものが硬くなってしまいます。硬くなれば筋肉の中の血液の流れが悪くなり、その異常をセンサーがキャッチすることで『痛み』を感じる・・・。という訳です。

 

また痛みを感じるだけでなく、血の巡りが悪くなることで、筋肉自体の働きが弱くなってしまったり、回復が遅くなってしまいます。

 

 

~立ち仕事やディスクワークが仕事の人が陥りやすい腰痛の症状~

 

 

・ギックリ腰(急性腰痛症)

ギックリ腰とは、腰・骨盤の周りの筋肉が疲労し、ある時、グキッというショックと激痛とともにその場から動けなくなってしまう症状です。

『重いものを持った』『しゃがんだ状態から立ち上がった』『くしゃみをした』など、発症した引き金は様々ですが、それは最後の一突きであるだけで、原因ではありません。

原因は、そんな小さな力にでさえも耐えられなくなってしまうほど、筋肉が疲弊しきっていることです。

 

・腰椎椎間板ヘルニア

人間の背骨を横から見た時、頸椎は前にカーブ、胸椎(背中)は後ろにカーブ、腰椎は再び前にカーブ、骨盤はほんの少し前傾(前に倒れる)することが理想のアライメントになります。

 

しかし、長時間座っている状態が続くと、このカーブがだんだんと消失してしまい、椎間板に余分な圧力がかかりやすくなってしまいます。

この椎間板に対する異常な状態が長期間続くことで、椎間板の繊維が破れてしまい、中身(髄核)が飛び出してしまうという、ヘルニアを発症させてしまいます。

 

 

~疲労に蓄積からくる腰痛の対処法~

 

 

・休ませる

 

 

まず、基本的に疲労がたまってしまったら『何かをする』と言うよりも、『休ませる』ことが第一となります。

一番簡単な方法は『睡眠』です。

横になっている状態は立っているときとは違い、重力に対抗することがないため、骨格筋は限りなく休ませられる状態にあります。

疲れがたまってきたなと思ったら、まずは早く寝ることを意識してください。

 

 

・身体を温める

お風呂はシャワーで済ませず、湯船につかりましょう。

40℃くらいのぬるま湯に20分ほどつかれば血行が促進され、疲労物質が早く排泄されることが期待できます。

 

 

・ストレッチ

 

入浴後のストレッチは、身体も温まっており柔らかくなっているので、お勧めです。

 

このように背中を丸めて、背中の筋肉を伸ばすことも大切ですが、

 

反対に、身体を反らすことで緊張しやすい腹筋や胸の筋肉を伸ばしてあげることも大変有効です。

 

 

 

 

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • お身体の知恵袋
  • よくあるご質問