症例一覧

ホーム > 症例一覧 > 椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアについて

まず、「椎間板ヘルニア」とはどんな病気なのでしょうか?

 

 

 

 

「ヘルニア」とは、「はみ出す」とか「逸脱する」とか言う意味です。これが背骨のクッションである椎間板に起こったものを

「椎間板ヘルニア」と言います。

 

椎間板の中に存在する髄核というゼリー状の組織が何らかの原因によって外に飛び出してしまった状態です。

 

ヘルニアと言われるもには他に、「腸ヘルニア」いわゆる脱腸や「臍ヘルニア」いわゆる出べなどがあります。

 

 

病院でレントゲンやMRI検査を受けた結果、「椎間板ヘルニアですね」と診断された方々は、次のような症状やお悩みをお持ちの方が多いです。

 

・腰がとにかく痛く、それに伴ってお尻や太ももまで痛い

・長い時間、椅子に座っていることができない

・寝ていても痛いし、足を取り外したい

・薬やブロック注射を受けたけど、あまり効果が見られなかった

・手術を勧められたが、それだけは避けたい                  

 

などなど

 

しかし、ここで大きな大きな間違いをしている方がほとんどですので、

「椎間板ヘルニアによる腰の痛み」についてお話をしたいと思います。

 

結論から申し上げますと、

 

「椎間板ヘルニアが原因で腰が痛いと言うことはない!」ということです。

 

え?っという内容ですが、これが事実です。

 

病院や整形外科で、MRI 検査を受けた結果

・痛みがないのにヘルニアと診断された

・ヘルニアが出ている方向と、症状が逆に出ている

・ヘルニアを取り除く手術をしたのに、全く痛みが変化しない

・手術が嫌で、近くの整体に通ったら痛みが消えた

 

一般的にヘルニアがあることが痛みの原因であるという割には、このような矛盾した点が多く存在するわけです。

 

と、言うことは、ヘルニアが直接的な原因になっているわけではなく、痛みの原因は他にあるというわけです。

 

では、痛みの原因は何なのでしょうか?

ズバリ、「筋肉の拘縮と癒着」と「関節可動域の制限」が原因です。

 

と言っても、筋肉が拘縮したり癒着したり、関節可動が制限されたりすることは結果に過ぎず、これらにも原因があるわけです。

 

・日頃の不良姿勢

・長時間の同じ姿勢

・パソコンやディスクワークをするときの姿勢

・前かがみでの作業

・睡眠不足や運動不足、偏った栄養バランス

・精神的ストレスや暴飲暴食による内臓疲労

・自律神経の乱れ

 

などなど

 

あげてみると、そんなに普通の腰が痛くなる原因と変わりませんね…

 

腰が痛くなるどころか、肩凝りや疲労からくる背中の痛みなど、筋緊張性◯◯痛は全てと言っていいほど、これらが原因となり筋肉の拘縮や癒着、関節可動域の制限が生じ、様々な症状を出現させます。

 

ヘルニアについても例外ではありません。

 

「痛み」に関して言えば、構造上の異常によるものではなく、生理機能の異常によるもので発生します。

また、生理機能の異常が構造上の異常で起きているという証拠もありません。(これについては、ちょっと難しい内容ですのでまたどこかで詳しくお話しします。)

 

ですので、施術はいかにして生理機能を修復するかにかかってきます。

 

また、突出している髄核の大きさと痛みの強さは比例しません。突出が引っ込めば痛みも治るという訳ではありません。

突出している(ヘルニアがあること)こと、『痛み』はいつも分けて考える必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

~カイロプラクティック的な考え方と施術~

 

まず、なぜそこにヘルニアが生じてしまうようなストレス(負担)が掛かってしまったのかを考えます。

ヘルニアになってしまった方々に共通している点は『身体の硬さ』と『動き(関節運動)の異常』がありますので、それらを解消していく必要があります。

 

ではなぜ関節の動きが悪くなり、身体が硬くなるのでしょうか?

 

私たちの身体は、重力に逆らって身体を支えることをしているため、常に筋緊張を保ちながらバランスを保持して生活をしています。

 

そのバランスが

 

・日頃の不良姿勢

・睡眠不足

・運動不足

・偏った栄養バランス

・精神的ストレス

などが原因で崩れてしまうと、身体のいろいろな部位に負担をかけ続けてしまいます。

 

その状態を放置しておくと、結果として、

 

  • 関節が硬くなったり
  • 筋肉の硬縮が起きたり
  • 背骨がゆがんだり

 

してしまうわけです。

 

これが身体にとっての異常であり、ヘルニアになってしまう大きな原因です。

 

ただ何回も申し上げているように、ヘルニアが腰の痛みの原因、足のしびれの原因になっているわけではありません。

 

※しかし、椎間板の繊維林の最外層には侵害受容繊維が存在しているため、ヘルニアにより繊維輪が破れてしまったとき、もしくは椎間板病変が急逝痛の原因になることは証明されています。

 

当院では、ヘルニアの部位に負担をかけている原因、身体が硬くなってしまっている原因、関節の動きが悪くなっている原因を探し出し、一つ一つ解消していくよう施術をしていきます。

 

また、痛みを取ることはもちろんのこと、再発を妨げるようなストレッチ、日常生活で気を付けていただきたいことなどのご指導もさせていただきます。

 

 

 

 

 

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • お身体の知恵袋
  • よくあるご質問