ブログ

ホーム > ブログ > 夏バテの時に摂りたい食事

夏バテの時に摂りたい食事

名古屋市東区慢性腰痛治療専門のふくおか接骨院です。

 

 

前回もお話ししたように、暑いからと言って冷たいものを食べたり、水分を大量に摂取していると、胃腸がどんどん弱くなってしまうので、注意が必要です。

 

夏バテの時、不足してしまう栄養素は『タンパク質・ビタミン・ミネラル』が主であると言われています。

しかし、胃腸の機能が弱った状態で高栄養素を含んだ食事をしても、かえって逆効果になってしまうこともあります。

 

そこで、まずは胃腸の機能を高めることから始めていくと良いでしょう。

 

①腹八分目にする

胃腸の働きに余裕を持たせることで、フル活動させず、疲れさせない。

断食やファスティングも同様の効果があると言われていますが、これらに関しては、専門の方の指導の下、行った方がよいでしょう。

 

②食前酒・またはお酢を飲むことで胃腸の働きを助ける

食前酒は食欲を増したり、気分をリラックスさせる効果があります。また、お酢の酸が遺産の役割を果たしてくれ、胃腸の働きを助けてくれます。

 

③ウナギもいいけど…

夏バテ予防にウナギを食べて精を出すと言われますが、胃腸が弱っているときは避けた方がよいでしょう。

甘いものも余計に胃腸を疲弊させてしまいます。

おススメは、消化に良い山芋、ナツメ、生姜、カボチャ、豆腐、温野菜です。

 

④睡眠をよくとること

胃腸の働きが悪いときは、全身へエネルギーを送ることができなくなるので、疲労がたまりやすい身体になっています。睡眠をよくとることで、身体を充電させることも大切です。

 

胃腸の状態をまずは万全にしてあげてから、高栄養素な食事を摂るよう心掛けてください。

 

 

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • お身体の知恵袋
  • よくあるご質問