ブログ

ホーム > ブログ > 腰痛は構造上のみに痛みの原因があるのか?

腰痛は構造上のみに痛みの原因があるのか?

こんにちは。

名古屋市東区、腰痛治療専門のふくおか接骨院です。

 

 

 

すごく暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

名古屋市でも最高気温37度から38度といった日が続いております。

水分をしっかりと摂って、エアコンなどを上手に使い熱中症には充分お気を付けください。

 

さて、今日から腰痛についてのお話です。

腰痛は、日本人の国民病と言われるほど、多く見られる症状で、日本人の成人の90%が一生に一度は腰痛を経験していると言われています。

 

また、『自覚症状のあるケガや病気』では、腰痛は男性で第一位、女性は肩こりに次いで第二位という結果も出ています。

腰痛のほとんどは2~3週間ほどで良くなるが、再発率が高く、一年以内で30%、10年以内なら80%にもなり、そして、約5%が慢性化してしまうというデータもあります。

 

でも、なぜ腰痛になってしまうのでしょうか?

原因は、本当はたくさんたくさんありますが、まずは腰・骨盤の構造からお話していきます。

 

腰を含めた脊柱は、身体を支える大黒柱となっており、その土台となる部位が骨盤です。

脊柱(背骨)は、前後に緩やかにカーブしたS字状の湾曲をした構造になっており、このカーブが脊柱に掛かる負荷や衝撃を和らげてくれています。

 

人間が安定した二足歩行、直立姿勢が取れるのは、このカーブのおかげです。

脊柱の一番下(第五腰椎)は、土台となる骨盤と連結しており、周囲には大腰筋・腸腰筋といった筋肉により支えられています。

人間は他の動物と違い、二足歩行をします。

そして、頭部を安定させようとするため、脊柱には大きな負担(荷重)が掛かります。

その中でも腰・骨盤には、上半身の重みを支えるのに最も大きな役割を果たし、物を持ったり身体を曲げたり伸ばしたりする動きにも、一番負担の掛かってしまう部位となります。

 

特に第五腰椎と骨盤の間には全体重の60%、腰を曲げた時には、その4倍の負荷が掛かると言われています。

 

構造上の特性から見ても、日常的に負担を受けやすく、比較的若いころから腰痛に悩まされることが多いとされています。

 

では、『痛み』はなぜ起こるのでしょうか?

 

構造的に負荷が掛かりやすいからということが理由であるならば、日本人の90%ではなく100%という結果が出るはずです。

『痛み』が出る人は、『負担が掛かりすぎる何か理由』がある訳ですが、それを次回から詳しく書いていきたいと思います。

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • 交通事故治療
  • お身体の知恵袋
  • よくあるご質問