症例一覧

ホーム > 症例一覧 > 坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

《坐骨神経痛について》

 

こんな症状ありませんか?

・腰~お尻~足にかけて激しく痛みがあったり、シビレている

・長時間立っていたり、座っていると腰が痛くなる

・朝起きた時、いつも腰が痛い

・午前中よりも午後からの方が足の痛みやだるさが増えてくる

・重いものを持ち上げると、腰やお尻に痛みが出る

・歩いていたり、階段を上るときに急に足に力が入らなくなる

・お尻の筋肉が冷えて硬くなってしまっている

・痛みで、歩き方がぎこちない

 

それ、いわゆる『坐骨神経痛』ってヤツかもしれません。

 

 

~坐骨神経痛とは?~

 

 

坐骨神経痛とは、読んで字のごとく坐骨神経とその走行とその支配領域に沿って広がるシビレや痛みのことを言います。

 

坐骨神経は人体の中で最も太く長い末梢神経で、腰椎からたくさんの枝分かれをしながら足先まで伸びています。この神経が何らかの原因で圧迫されたりした場合、腰やお尻、太もも、ふくらはぎや足の先などに鋭い電気が走るような痛みやシビレ、つっぱているような感じ、重たくてだるい・・・などの症状が生じます。

 

しかし、これは一つの症状として起こっている『痛み』であり、病気や疾患ではありません。

 

病院に行き、レントゲンやMRI検査などで『腰椎ヘルニア』や『脊柱管狭窄症』などの診断をされた場合、これらが原因で坐骨神経痛の症状が出ているということになります。

 

しかし中には、『病院の先生に坐骨神経痛だねと言われた』とだけ報告してくださる方もおられますが、それは、画像上には何も問題はないだけの話で、坐骨神経に影響を与えている他の原因を探す必要があります。

 

 

~坐骨神経痛の原因~

 

・腰椎椎間板ヘルニア

 

詳しくは椎間板ヘルニアのページに書いてありますが、椎体と椎体の間にある椎間板という軟骨がはみ出したり、飛び出したりすることで神経を圧迫し坐骨神経痛を発症させてしまいます。

 

・腰部脊柱管狭窄症

 

加齢などから背骨が変形し、脊柱管というトンネルが狭くなってしまうことを『脊柱管狭窄症』と言います。(後日ページを作りますね)脊柱管の中には脊髄とそれに続く神経(馬尾神経)が通っているのですが、これが狭窄してしまう(狭くなってしまう)ことで、馬尾神経を圧迫し坐骨神経痛を発症させてしまいます。

 

・梨状筋症候群

 

臀部(お尻)の奥の筋肉が何らかの原因により緊張し、坐骨神経を圧迫することで発症します。

 

・仙腸関節炎

 

仙腸関節とは骨盤の仙骨と腸骨の間の関節を指します。

周囲の靭帯により強固にっ連結されていますが、わずかな動き(前方に4度、後方に4度)があるのが正常です。

しかし、何らかの原因からこの関節に過度なストレスが加わり、動きが大きくなってしまうことがあります。ひどくなれば捻挫や炎症を起こしてしまい、その結果、周囲の軟部組織(靭帯や筋肉)が刺激され、坐骨神経痛まで発生させてしまいます。

・妊娠

 

妊娠中に分泌されるリラクシンというホルモンの作用で、筋肉や靭帯が緩みます。(詳しくはマタニティ整体のページをご参照ください)

そのため、骨盤の歪みや不安定が生じ、その結果、坐骨神経痛が起こることがあります。

 

~注意しなければいけない坐骨神経痛もあります~

 

・糖尿病性神経痛

『糖尿病の三大(細小血管)合併症』と言われています。

他に、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症があります。

この三大合併症のなかで最も頻度の高いのが、糖尿病性神経障害です。

 

・その他

 

  • 筋肉の萎縮が著しいとき
  • 排尿が困難になるケース
  • シビレや麻痺が著しいとき

 

このような症状を呈する方もごく稀ですがおられます。(アメリカ専門医の論文によると全体の5%だそうです)

残念ながら、当院で対応できないと判断した場合は、適切な医療機関へのご紹介をさせていただきます。

 

 

~カイロプラクティック的な考え方と施術~

 

症状がひどい場合、症状の改善が期待できないときは手術の適応となります(前述しましたが、全体の5%だそうです)

どんな症状でも当てはまることですが、坐骨神経痛を起こしている原因を見つけ、適切な施術を行うことが大切です。

原因が椎間板ヘルニアなのか、脊柱管狭窄症なのか、梨状筋が緊張しているからなのか、全身の筋肉や骨格や内臓の不調が原因なのか・・・。

そして、その不調は何が原因で起こっていることなのか・・・。

それぞれを考え探り見つけ出し、適切な施術をしていきます。

 

また、坐骨神経痛が再発しないように、日常生活において気を付けていただきたいこと、エクササイズのご紹介もしていきます。

ふくおか接骨院でお身体の調子が改善できる4つの理由

1.お悩みの原因を的確な検査と問診から正確に見極めます。

徹底した問診により、あなたの不調となる『根本原因』を探ります。

そして、問診を考慮した検査により、あなたの身体の状態を的確に把握します。

2.問診・検査をふまえ、今あなたに合っている、かつ必要な施術をご提供させていただきます。

毎回毎回、同じ施術はいたしません。

その時々により、身体の状態は違うからです。

3.あなたの身体にとって、無理な施術はいたしません。

人は少しでも『痛い』とか『大丈夫かな』かと思ってしまうと、身体に緊張が走り施術の刺激を受け入れにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。

当院での施術は非常にソフトで、優しいタッチを心掛けておりますので、どうぞご安心ください。

4.あなたの生活に合ったアドバイスを治療家歴16年の知識で、分かりやすくご説明いたします。

ご自宅でも簡単にできるストレッチや、エクササイズをご紹介いたします。

"良い状態"を長続きさせるためには、ご自身の意識も変えていただく必要があるため、それらの注意点も分かりやすく解説いたします。

  • 症例一覧
  • 交通事故治療
  • よくあるご質問
  • マタニティ整体
  • 頭蓋仙骨療法
  • お身体の知恵袋